December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ワンマイルバックの作り方

1 基本の大きさ(<説明あとで)の布を4枚用意します。

2 出来れば、底の部分は輪(わ)になってるのが望ましいので、 
  基本の大きさ2枚分の布を2枚というのが理想です。
  表地には、硬めの接着芯を張るとパリっとします。
  無くてもいいけど、あった方が絶対見栄えはよいです。
 

3 基本の大きさは、自分の荷物の量で決めます。
   私はA4の書類をクリアファイルに入れて持ち歩く事も
  あるので、 雑誌が目安。 
    ご自身の一番使いやすいカバンを採寸してみて決めるといい。

4  ワンマイルバックというのは、
   ちょっとそこまで出かけるのに使うカバン。
   私にとっては、在庫布整理なので、
   基本の大きさ4枚分あればどうにでもなります。
   表地2.5 裏地1.5でもいいです。

5  2枚の布を中表に合わせて、
    表の端と裏の端を縫います。

6   今度は表同士の端、裏同士の端を真ん中にして折ります。
    両端は輪(わ)=底の部分になってるはず。

7   上と下の部分を縫います。
     ただし、裏布の一部(ここでは右下の部分)は
     返しに使うので縫わないで残しておく。
 

8   マチが欲しい人は、底の部分(裏表4カ所)を、
    こういう風に縫う。


 こんな感じ。

9   そして裏返す。
     縫い目はすべて裏に入るので、
    ロックミシンをしなくてもオッケー。
    ロックをお持ちであれば、
    した方が丈夫になります。


10   返し口を閉じる。
      中に収まる部分なので、上からやっていいです。


11  裏布を中に入れこむ。


12   口の部分をぐるっと縫う。


持ち手をつけるのですが、
写真のように裏布と表布の間に挟み込みたい場合は、
作業5の段階で、挟み込みます。
仕上がりは、綺麗です。
でも、持ち手の長さって、一度自分で待ち針で止めて、
確認とった方が、より使いやすいです。
肩掛け絶対とか、短めとか、
身長によってもベストバランスってあると思うので、


コチラは、後からつけた持ち手。
3センチの綾テープに
(私はこれが大好きで10メートル300円で購入してます。)
手持ちのリボンをくっつけました。


こっちは革端切れをカッターで切り
カシメでつけました。
これやるとグンと既製品みたいになります。

 
JUGEMテーマ:ソーイング♪
» read more

ポーチ ファスナーの付け方 覚え書き

ポーチのファスナーの付け方を教えてもらったので、
覚え書きとして残します。

途中から私のやり方と合わせました。
多分、これでいけると思うけど、
確認まだです。

布を裁断する時は、ファスナーより少し大きめに裁つ。

中表。両端だけ縫う。


開いてピンクのところにファスナー。


裏地をクチのところだけ付ける。


ファスナーをあけて、表は表、裏は裏で縫う。
裏は返し口分あけておく。

ひっくり返してみないとウマくいくかわからない。
無理なら、裏の袋は、ファスナー部分で手まつり。
 

マフラーからリメイク、ネックウォーマーの作り方

こないだのネックウォーマーの作り方を検索された方がおいでなので、一応アップしておきます。(私が適当に考えた方法なので苦情はうけつけません。各自、自己責任でお願いします。再配布、商用利用は、ご勝手にどうぞ。ただし、著作権は放棄していません。ブログへのアップは、SewingNoteへのリンクをお願いします。)

はい、これマフラー模型。柄がついている方が表です。



中表でフリンジ手前で縫う。


表に返す。フリンジそのまま。


上下、中に織り込む。
マフラーは端の始末は必要ないので、やらなくてもいいのですが、
やった方が、雰囲気がでます。



真ん中で、もう一度折る。
右端は4枚まとめて縫う。上下は二枚ずつ。中も外も表の柄が出るように。


ハイ出来上がり!
所用時間たったの5分。

お試しあれ〜♪

JUGEMテーマ:ソーイング♪
1
pagetop